離婚と金銭問題と復縁方法について

離婚に繋がる金銭問題とは

2014年11月 のエントリー


夫の年収と離婚の関連性

2014年11月27日 - 10:51 | 投稿者 離婚率

近年の離婚率の高さからうかがえることと言えば、経済的な問題を避
けては通れません。
実際に、経済的な問題の中でも、若い世代では特に夫が主となって家
計を支えているケースもあるので、離婚にも大きく影響をして来てい
ます。

若い世代でも、ある程度の年収がある場合には、子供を持ち家庭を築き
あげて行くことも何とか成り立って行くものですが、あまりにも低収入
であれば、生計を維持して行くことがとても困難になりそれによって家
庭でも言い争いの原因が増えて来てしまうものです。

このようにあまりにも低収入では家庭として成り立っていくことそのもの
が継続できなくなるわけです。

近年の離婚率の推移からもうかがえるように、ある程度の高収入が確保で
きている家庭では、日々の暮らしの中で成り立たせて行ける目途が立って
いるものですので、離婚へと至る可能性は低収入の家庭と比べると低くな
っています。

家計を維持して行くにも、現在では正社員で一つの会社に生涯勤務し続け
ることが出来づらい社会と言う背景もあり、このように年収によっても、
経済的な問題が浮上したために離婚に至るケースが増加しているのは、事
実です。
このために、雇用改善と給与の安定が急務とされています。

カテゴリー 未分類 | 夫の年収と離婚の関連性 はコメントを受け付けていません。

結婚の年齢と離婚率について

2014年11月27日 - 10:51 | 投稿者 離婚率

離婚という言葉を聞くことが日常的に珍しくなくなってきたのはこの10年
くらいです。女性の社会進出や、高齢化などさまざまな要因があるといわ
れますが、結婚に対する価値観が変わってきたのは間違いなさそうです。
そして、離婚の増加に伴い高齢で結婚をするといったケースも普通のよう
に増えてきました。

初婚の平均年齢が年々高くなってきていると共に、離婚者の再婚も増えて
きているため、もはや結婚に年齢は関係の無い状況といっても過言ではあ
りません。高齢でも結婚できるとなると、離婚自体を恐れなくなるという
相乗効果のようなもの存在しているのかもしれません。

結婚年齢という概念が無くなれば、無理して結婚をするような過去の風習も
無くなり、結婚が生活を苦しめてしまうということも無くなるかもしれませ
ん。人によっては仕事に集中したいから結婚は今ではないという考えをお持
ちの人も多いでしょう。年齢と結婚が結びつかなくなれば人はより自然で幸
せな生活を送ることができるかもしれません。人間の社会ではある程度の道
徳的観念がないと成立しませんが、結婚は人生で一度だけという固定概念が
時代遅れの言葉になる日が来るかもしれません。それが今よりもよい社会で
あればよいでしょう。

カテゴリー 未分類 | 結婚の年齢と離婚率について はコメントを受け付けていません。

親の離婚と子供の離婚の関連性とは

2014年11月27日 - 10:50 | 投稿者 離婚率

両親が離婚していると子供もまた将来離婚する可能性が高くなるので
はないかと心配されている方もいるのではないでしょうか。理想的な
育児環境を考えると、夫婦仲が良いことに越したことはありません。
しかし、夫婦と言えども男と女、元々は他人です。子供がいるから離
婚したいけれど我慢しているという方はお子様への将来の影響を考え
ている方もいるでしょう。しかし、親の仲が良くないことは幼くても
雰囲気で伝わるものです。親が我慢して暮らしている家庭よりも、離
婚しても楽しく生き生きとポジティブでいる家庭の方が楽しいのでは
ないでしょうか。親と子は血のつながりがあれど違う人間です。違う
人生を生きていくのです。親が離婚しているということで、離婚への
ハードルは低くなる方も中にはいるでしょう。しかし、我慢して影で
は文句を言いながら生きていくよりはずっと幸せなのではないでしょ
うか。多様な価値観を認めることで、お互いによりよい人生を生きら
れるのではないでしょうか。大切なことは、どんなに辛い時があって
もきっと前向きに生きていけると信じられる気持ちを持つことです。
離婚を選んだ人生は恥ずかしいことではありません。前向きな選択に
自信を持ちましょう。

カテゴリー 未分類 | 親の離婚と子供の離婚の関連性とは はコメントを受け付けていません。

近年の離婚率の推移

2014年11月27日 - 10:48 | 投稿者 離婚率

離婚率の統計は、厚生労働省がとっています。現在、昭和25年度から平成20
年度の、各年度の離婚件数、年代別、同居期間がどれくらいあったかなどの
数字をみることができます。
近年の推移をみると、全体的にみると増加傾向にあった離婚件数が平成15年
以降は減少に転じ、20年は25万千組となっています。
この数字をさらによく見ると、全年齢層の離婚率は右肩上がりに増加してい
ます。しかし、夫婦の年齢が25歳から34歳の間だけが、離婚率が急激に減少
しているのです。
この数字は、同居期間別にみた離婚件数とも連携しています。同居期間が5年
未満での離婚率は、昭和25年度から一貫して右肩下がりに減っています。同居
期間5年以上の離婚率は多少の増減はありますが、たとえば、同居期間20年以
上の、いわゆる熟年離婚も、増加傾向が続いていますが、数字としては大きい
増加ではありません。
統計の数字をみて、極端に数字が変化しているのは、ここ数年の、「夫婦の年
齢が25歳から34歳、同居年齢5年未満」の数字だけなのです。全年齢の離婚率
に影響を与えるほどに離婚率が下がっているのです。
この年代は、結婚しない、結婚しにくい年齢層としてクローズアップされてい
る年代です。婚活が流行しているのと同じ年代です。つまり、25歳から34歳の
年代層は、「結婚しない、結婚しにくい人たち」と、「結婚する、結婚したら
離婚はしない」人たちに、はっきりと分かれているようですね。

カテゴリー 未分類 | 近年の離婚率の推移 はコメントを受け付けていません。

失業や生活苦が原因の復縁方法

2014年11月27日 - 10:47 | 投稿者 離婚率

今まで幸せにうまくいっていた関係が、失業などの金銭的な事情で破綻
してしまうということはよくあります。お見合い結婚のほうが離婚率が
低く、幸せな結婚生活を送ることができるといわれるように、人の生活
はロマンチックな愛情だけでは成立しないのです。人間関係を継続させ
るにはある一定の条件が必要になってくるのが現実です。

突然の生活苦というのは心理的にもつらいものがあります。今まで一緒
に居るときは笑っていた関係が笑顔ひとつ見せない間柄になってしまう
ような状態になるのです。こういった状況でもまだ、愛情があり、他の
異性を選ぶという選択肢を考えないのなら、少なくとも男性側が将来の
設計を女性に提示するべきです。

たとえば今はこういう状況だけれども、これをこうすれば一年後にはあ
る程度の生活水準に戻れるといったものです。切羽詰った状況のときは
冷静に物事を考えにくい状態かもしれません。そういった場合は肉親や
専門家などを交えて第三者の意見に耳を傾けることが大事です。生活が
苦しいという状態は永遠に続くわけではありません。まずは机上の理論
でもいいので今後の向かう方法について話、小さな希望が見えるだけで
も心理的に和らぎます。少しでも笑顔が戻れば、あとはお互い助け合っ
て生きていくだけです。

カテゴリー 未分類 | 失業や生活苦が原因の復縁方法 はコメントを受け付けていません。

自分の金銭問題が原因の復縁方法

2014年11月27日 - 10:46 | 投稿者 離婚率

夫婦間の関係悪化の原因の一つに配偶者が、ギャンブルにのめり込んで
多額の借金を抱えたり、それをするために生活費を全然入れてくれない
ことが原因となっているケースがあります。また将来的には、そういっ
た事情が深刻化して離婚の原因にまで至るケースもあります。

賭け事には依存症があるので、それを一度やり出すと常習化してしまう
傾向があります。その常習化を断ち切るには、己の意志のみでは難しい
ので他人の力等を借りなければならない場合も多いです。

もし仮に自分の金銭問題が原因となって、夫婦関係が悪化している場合
において、どうしても復縁をしたい場合は、自分の収入を相手に預けて
しまい、相手の管理の下に生活をするなどすれば改善できるケースも多
いです。多くは自分が金銭を所有していて自由に使用できることが発端
になっているので、自由に使用できなくすればギャンブルをしたりする
ことも難しくなります。

またお金がないと他に借金までしてしまうこともありますが、そういう
ケースにおいてもお金を借りられるカード類等も全部、預けることも効
果的です。何よりもそういった様に、収入やカード類を全部預けたりす
れば、それだけギャンブルをしないと覚悟をしている意思の表れとみな
すことも出来るので、相手方の賛同と理解を得ることが出来ます。

カテゴリー 未分類 | 自分の金銭問題が原因の復縁方法 はコメントを受け付けていません。

日常的な金銭感覚の違いが原因の復縁方法

2014年11月27日 - 10:45 | 投稿者 離婚率

男女間の関係において、はじめの段階では多くの人がお金のことはあまり
気にしたくないというのが正直なところではないでしょうか。もちろん、
例えば女性が男性を選ぶ時点でお金が有るか無いかということが付き合う
際の判断基準にもなりますが、いったんロマンチックな状態になってから
は極力現実的なことを考えるのは避けたいと願うものです。逆に言えば、
だからこそ、はじめからお金を持っている人を選ぶのかもしれません。

付き合い始めてある程度の期間が過ぎたころ、もしくは結婚をした後で、
相手と金銭感覚が違うことに気がつくということがよくあります。むしろ、
そういった感覚と名のつくものは二人以上の人間が集まればまったく同じ
ということはありえません。そして、そういった価値観の違いが生じた場合
に、まず最初に不満を覚えるのは浪費している側ではなく堅実な感覚をお持
ちな側です。「どうしてこんなに無駄遣いをするのだろう。先のことなどま
ったく考えていないでしょ」という風な感じになるのです。

このケースでは浪費している側は概ね人を退屈させないタイプでしょう。今
を最も大切に生きているからです。先のことを心配するタイプは今を生きて
いない部分があります。どちらも生きるうえで必要なのです。堅実に楽しい
毎日を過ごすためにはお互いの2つの違う価値観が必要だということを改め
て認識する必要があるのです。

カテゴリー 未分類 | 日常的な金銭感覚の違いが原因の復縁方法 はコメントを受け付けていません。

元妻の金銭問題が原因の場合の復縁方法

2014年11月27日 - 10:44 | 投稿者 離婚率

我が国日本は、世界でも際立って離婚大国と言われており、婚姻関係に
ある三組に一組の夫婦が離婚を経験していると言われています。離婚原
因としては一概には言い切れないものの、やはり配偶者の不貞行為や金
銭問題は上位に上げられることも多いようです。こういった問題だけで
離婚ということにはなりませんが、様々なことが積み重ねられていった
結果が、そういった理由に結びついてしまっていることも多いようです
。お金は生きていくうえではどうしても必要なもので、お金だけではな
いと言いながらも、お金がないことで破綻してしまう関係もあります。
家庭の家計の守り方は、その家庭それぞれですが、お金の管理が苦手と
いう人は男女問わず意外と多いものです。家庭を正常に維持するために
は家計の健全な管理能力は必須で、これは得意であるほうが行うべきで
す。どの家庭もお金が有り余っていることなどなく、頭を使ってやりく
りしなければたちまち火の車です。夫は働き妻が家庭を守るという考え
方で、いつしか負債が増え元妻の借金問題で離婚したという家庭も意外
と多いのです。こういった夫婦はお金の問題さえクリアできれば、関係
を修復できる可能性も残っており、復縁した場合は夫が家計を管理する
か一緒に管理するかに変え、やりくりは二人で考えようという姿勢が大
切です。

カテゴリー 未分類 | 元妻の金銭問題が原因の場合の復縁方法 はコメントを受け付けていません。